ニートの人はパソコンの在宅勤務が向いている

ニートだった人が働くには壁があります。
ハローワークへ行って、起業を紹介してもらっても、面接の時に空白の期間を聞かれます。
もしも、受かっても長時間労働でブラック企業だとまた、しんどい想いをします。

 

 

少しナイーブな性格の方が多いようです。
なので、いちばんいいのは、パソコンの在宅勤務です。
簡単なものでいうと、データ入力です。

 

 

最近ではクラウドソーシングのサイトがあります。
他にも、記事の作成のお仕事もたくさんあります。
ウェブライターと言いますが、特別な文章の才能は必要ないです。

 

 

自分が得意なことを書けばいいのです。
たとえば、ゲームが好きなら、攻略法や進め方を書いてもいいのです。
ドラマが好きならドラマの内容を、好きな歌手がいるならその方の情報を書いてもお金になることがあります。

 

 

すこしずつ、稼げるようになると自信がつきます。
外で働くのは、自信がついてからでも遅くないですよ。
在宅の勤務をしていましたと、面接の時に言えばいいのです。

 

 

外に出てみようと思った方は、正社員より派遣社員からのスタートが無理がないです。
世間では、絶対に正社員というような風潮がありますが、ニートだった方は、派遣やアルバイトをしましょう。

 

 

パソコンに強くなれば、またお仕事があります。
この文章はもしかして、ニートの親御さんも読まれているかもしれません。
うちの子供はニートでした。うつからニートになりました。

 

参考
ニート就職ラボ
ニートの就職のアドバイス

 

今は、どうしているかというとしばらく在宅で仕事をしたあとに、支援してくれるNPOで働いています。
家にいたころよりも、すごく元気になりました。